PCSのパフォーマンス

PCSには、「最大ベット額」、「最小ベット額」、「ドローダウン率」を制御した3つのモードがあります。

PCSのパフォーマンス結果として、「フォワードテスト」と「バックテスト」を掲載しています。

簡単に言うと、「フォワードテスト」は実績値、「バックテスト」は理論値、です。

 

1. フォワードテスト

2. バックテスト

1. フォワードテスト

実際のプレイを通して得られた実績をまとめています。

<前提>

  • スタート資金は$ X,XXX

  • 「1 shooter」の定義は、ディーラーが最初にカードを配ってから1 Shooterが終わるまで

  • PCSの指示通りに確実に、我々が「実際に」プレイ

☆ Stablモード ☆

xxxxxx

☆ Normaモード ☆

xxxxxx

☆ Challengモード ☆

xxxxxx

<結果>

 これはあとに続く3モードの複合結果です。

スクリーンショット 2020-06-12 14.28.11.png

A) Stable mode

B) Normal mode

C) Challenge mode

スクリーンショット 2020-06-12 14.28.11.png
スクリーンショット 2020-06-12 14.28.11.png
スクリーンショット 2020-06-12 14.28.11.png
 

2. バックテスト

膨大な量の試行回数を稼ぐため、我々は特別なプログラムを作成しました。

これらは実際のプレイによって得られた結果ではないものの、実際のプレイ結果と言っても過言ではないほど非常に近しい結果となっているはずです。

なぜなら、ブラックジャックは確率論だからです。

<Precondition>

  • スタート資金は$ X,XXX

  • 「1 shooter」の定義は、ディーラーが最初にカードを配ってから1 Shooterが終わるまで

  • PCSの指示通りに確実にプレイされるよう組まれたプログラムが、「仮想的に」プレイ

☆ Stablモード ☆

xxxxxx

☆ Normaモード ☆

xxxxxx

☆ Challengモード ☆

xxxxxx

<結果>

画像3.jpg
スクリーンショット 2020-06-02 15.10.09.png

A) Stable mode

B) Normal mode

C) Challenge mode

スクリーンショット 2020-06-12 14.28.11.png