PCSのパフォーマンス

PCSには「最大ベット額」「最小ベット額」「ドローダウン率」などを制御した3つのモードが備わっています。

 

3つのモードには、

 

「Stable」資金を着実に増やしていくモード

「Normal」バランスの取れたモード

「Challenge」ある程度のリスクを取りながら資金を積極的に増やしていくモード

 

があり、プレイヤーの性格に合わせたモードを選択できます。

 

私たちはPCSを使って何度も検証しました。その方法とは、検証専用のプログラムを作成することでした。ブラックジャックは確率論の世界にしか存在しないため、実際のゲームと非常によく似た結果を出すことができました。

1. Infinite Blackjackの結果

私たちはPCSを使った効果検証を、特定のプログラムを作成することで何度も行いました。

ブラックジャックは確率論の世界にしか存在しないため、実際のゲームと非常によく似た効果検証を実施することができました。

 

<前提条件>

  • 開始資金は1,000ドル

  • 「Normal」モードの使用

  • PCSの指示を完全コピー

  • 常にゲームに参加(=ベットしないゲームはなし)

 

 

<結果>

勝率は良くないように見えますが、総利益が大幅に増えていることがわかります。

なんでこんなことが起こっているのでしょうか?

 

backtest_Infinite_J.png
backtest_Infinite_graph.png

 

 

コラム」ページで学んだように、PCSはすべてのベット額を管理しています。

あなたが勝ち、結果としてより多くのリターンを得る可能性が高い場合にのみ、より多くのベットを行うように組まれています。

 

それがPCSが完全に勝つ理由です。

 

2. Other Blackjackの結果

<前提条件>

Other Blackjack Tableのシミュレーションでは、週に2日、土曜日と日曜日のみにプレイする超ライトプレーヤーを前提に計算しています。

  • 開始資金は$ 10,000

  • 「Stable/安定」、「Normal/通常」、「Challenge/チャレンジ」モードの使用

  • PCSの指示に確実に従う(最低賭け金5ドルと書かれている場合は常に賭けます)

  • Limit Break「OK」

  • 1か月で35シューター、10年間プレイした結果(合計58,800ゲーム)

「1ヶ月で35シューター」と「58,800ゲーム」は、以下の前提条件で構成されています。

 ✓ 1週間に2日プレイし、1日1時間4シューターをプレイするだけ
  ⇒ つまり、月に8.75日プレイすることを意味します
  ⇒ 4シューター × 8.75日 =
 月に35シューター 

 ✓ 通常、1シューターで14ゲームがプレイされます
  ⇒ 4シューター × 14ゲーム × 8.75日 × 12か月 × 10年 = 58,800ゲーム

また、1ヶ月で100シューターのシミュレーションも用意しています。

​(=ライトユーザーの3倍プレイ)

 

<結果>

各モードごとに、モードごとの特性と成績を掲載していますのでご確認ください。

なお、この結果は、1席に座ってプレイしたことを想定していますが、複数席がオンラインカジノ上で確保できれば、PCSでは複数同時プレイのインプットにも対応しているため、同じ時間で2倍、3倍、の結果をもたらすことが可能です。

 

 

backtest_other_Stable_E.png

★ Stableモード ★

最大の損失は最小です。リスクを軽減することを犠牲にして、利益はある程度減少します。

houseedge0-2.5.jpg
backtest_other_Normal_E.png

★ Normal モード★

長期間安定した利益を取れる。リスクリワードは一番バランスが良い。

houseedge0-3.33.jpg
backtest_other_Challenge_E.png

★ Challenge モード ★

最高利益が一番高い。リスクを高く取る代わりに、なるべく大きな利益を得ることを目的としている。

houseedge0-5.jpg